banner

プルチーノについて

プルチーノとは

“プルチーノ”とは、イタリア語で”ヒヨコ”の意味です。
素朴で純真に可愛らしく、お客様皆さんに愛されながら大きく育つように、と名付けました。 
gaikan-2

オーナーシェフ 井坂康弘

当レストランのオーナーシェフ井坂康弘は、1996年、群馬県の名店「イタリアンレストラン・シャンゴ」に入社し、その後1998年、料理修業のため単身イタリアへ渡りました。
渡伊後、世界遺産にも登録されるイタリアの古都シエナの名店「リストランテ・エンツォ」をはじめ、「ピストル」の語源と言われる古都ピストイアにある五つ星レストラン「ラ・パーチェ」やフィレンツェ近郊の「リストランテ・カスターニョ」、現在ミシュランガイドの星付の「リストランテ・ラ・ピネタ」など6カ所の一流レストランで修業を重ね、イタリア料理の神髄を学びました。
帰国後は、東京・新小岩のイタリア料理店「トラットリア・ルーチェ」に料理長として招かれ、腕をふるいました。
その後2001年秋、故郷である茨城に戻り、長年の夢であったオーナー店「レストラン プルチーノ」を開店しました。
気軽に味わえるパスタ料理から、地元産の魚介類、高級食材を使った豪華メニューまで、バラエティーに富んだメニューで、多くのお客様にご利用頂き、喜ばれております。
italia1

法政大学大学院ガバナンス研究会会員

2011年4月、法政大学大学院公共政策研究科入学。
2013年3月、卒業。
2015年9月現在、法政大学大学院ガバナンス研究会会員。

isaka-1
東京都千代田区市ヶ谷、法政大学大学院棟にて

木村正行シェフ

kimura-chef-1

18才で神奈川県逗子の人気フレンチレストランで修行を始める。
その後、水戸三の丸ホテル洋食シェフ、
イタリアンレストラン・マンマリ―サシェフ
茨城県陶芸美術館初代シェフ、
水戸ホテルシーズン洋食シェフ、
など多くの重要ポストでの職務経験を持つ。
「安くて旨いもの」をモットーに食を通して楽しく時間を過ごして欲しいと話す。

Share on Facebook
LINEで送る